So-net無料ブログ作成

世界平和願いの祭典 プレイベント [その他色々]

2020年のオリンピック・パラリンピックの応援プログラムとして正式に位置づけられている「世界平和願いの祭典」のプレイベントが、約1年前となる2019年9月17日、本番と同じ築地本願寺を会場として開催されました!
http://www.worldpray2020.jp

さまざまな宗教や仏教各派が合同で法要などを執り行うという日本ならではのイベントです。
仏教界としては未来の住職塾サンガが関わっていますが、神道・キリスト教・イスラム教・ユダヤ教と、よくこれだけの宗教者が一堂に会したものだと驚きました。

登場順に並べると…
・神道チーム
・浄土Aチーム(浄土宗・浄土真宗)
・キリスト教 プロテスタントチーム
・密教チーム(天台宗・真言宗)
・ユダヤ教(お1人の参加)
・禅チーム(曹洞宗・臨済宗)
・キリスト教 カトリックチーム
・浄土Bチーム(浄土宗・浄土真宗)
・イスラム教チーム
・日蓮宗チーム

日本での開催ですから自然と仏教チームが多く、また浄土系は人数が多いのでA・B2チームに分かれましたが、どうでしょうこのゴチャ混ぜ感!
前にも書きましたが、日本以外でこうした行事を開催できる国はそう多くないのではないかと思います。

ここからは写真とともに印象的なシーンをご紹介します。

IMG_2920.jpg
祭典のポスター。
制作は浜崎あゆみさんのCDジャケット制作を手がける原神一さんによるもの。

IMG_2919.jpg
築地本願寺の境内に建てられた仮設テントが会場になります。
夏が戻ってきたような暑さで大変でした (>_<)

IMG_2927.jpg
私も初めて拝見したユダヤ教の宗教者。
お1人の参加で、祈りの言葉を唱え、通訳さんが日本語で伝えるというスタイルでした。

IMG_2928.jpg
カトリックの神父さま。
聖歌のコーラス隊を20名ほど連れていらして、お寺の境内に賛美歌が響きました。

IMG_2929.jpg
密教チーム、写真は真言宗の法楽太鼓。
手前の扇風機を写してしまう私のセンスの無さが光る一枚です。

IMG_2930.jpg
禅チーム。
前半は坐禅、後半は折本のお経をバラバラとめくる転読という、「静と動」をテーマにした法要。
導師の「喝ッ」の大音声が境内どころか築地中にも響き渡りました。

IMG_2932.jpg
印象的だったのはイスラムチーム。
3名の登場で、日本人男性2名、エジプト人女性1名。
エジプトの方は日本語が堪能で、イスラム教の基本的なことや、女性の立場などについて教えてくださいました。

IMG_2934.jpg
特に印象的だったのは、ある時は3名で、ある時はソロで唄われたイスラム教の聖句。クルアーン(コーラン)の一節のようですが、とても哀愁の漂う切々とした歌声です。
その歌声がインド風建築である築地本願寺、しかも夕日の時間帯だったので雰囲気が高まり、「あれ、自分いまイスタンブールにいるんだっけ?」と錯覚するほどでした。

IMG_2935.jpg
最後を飾るのは日蓮宗チーム。
他の仏教チームが宗派混成なのに対し、このチームは日蓮宗の僧侶のみで構成されているので法衣や儀式作法に統一感があります。

大きな団扇太鼓の音とともに真っ白な衣の日蓮宗僧侶が入場し、見学の人々を取り巻いて大音声での読経、散華、そして木剣加持と、もう言葉では表現しきれないほどの大迫力の法要でイベントは終了しました。


プレでもこれだけ力が入ったのですから、来年の本番はどうなるのか今から楽しみです。
2020年7月18日(土)・19日(日)、皆さん今から予定を空けておいてくださいね!

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント