So-net無料ブログ作成

静かに和する [その他色々]

私はもともと真宗高田派の僧侶としてお育てをいただきましたが、諸事情あって なごみ庵の宗教法人化のタイミングと前後して高田派を離れることになりました。

慈陽院なごみ庵は浄土真宗の単立寺院ということになりますが、そんなお寺にある方から大切な書が贈られました。
sml.IMG_2826.jpg
右から左に「静和」と読みます。
浄土真宗の聖典類にこの言葉を見つけることができていませんが、「静かに和する」と読むのでしょうか。
なごみ庵を「和庵」と書く場合もありますので、「和」の文字が入ったこの書をお贈りいただいたようです。

そして左に縦書きで「鸞猷 書」と書かれています。
真宗高田派の第24世、鸞猷前法主の書かれたものです。

宗派によって最高位の僧侶の呼び方は異なりますが、高田派では「法主(ほっしゅ)」とお呼びし、また先代の法主を「前法主」とお呼びします。
宗派を離れた私に、なぜこの書をお贈りいただけたのでしょうか…

「色々なことがあって制度上は宗派を離れることになったが、私たちはあなたを同朋と思っている」
「お寺は単立になったけれど、高田派の心を忘れないでいてほしい」
そんな気持ちが込められているのではないか、と感じ胸が熱くなりました。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 2

あっちゃん

お久しぶりです。
激務のため、
なかなか法話に伺えませんが、お陰様で、独りお念仏する日々を過ごしております。

静かに和む…お念仏そのものだなあ、と感じました(*´-`)
by あっちゃん (2019-06-29 11:56) 

ボーズandカナコ

あっちゃんさま
お忙しそうですね、暑くなって参りますので身体には気をつけてください。

そんな中でもお念仏で静かに和んでいただければ、どこかで繋がっているように感じます (^人^)
by ボーズandカナコ (2019-06-29 22:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント